常識を超えたパチンコ攻略の新事実


■稼ぐための裏知識
■稼ぐための立ち回りと効率
■稼ぐためのネタと台の寿命


これが、これまでにいつくもの苦難を乗り越え、スロプロとして生きてきた我々の大原則だ。しかし、その遊技機業界の常識を超え、さらなる儲けを築き上げる秘策が、にわかに存在した。

今思えば、リバティベル、コンチ、そして獣王、ビンゴ、ミリゴなど、攻略の最先端は全てパチスロからだった。パチスロに関しては、多くの人間と取引をして、様々な台の攻略に成功してきたが、同じ遊技機、パチンコには全く目を向ける事が無かった。つまり、パチスロには絶対の自信があるメンバーも、パチンコの情報には正直うとい面もあった。というか、興味がなかった。

そんな中、代表の大久保の友人、真下氏から、ある人間を紹介してもらった。その人は、日遊協と深いつながりがあるH氏。仕事柄、名前を一切公表しない事を条件に、パチンコ業界の裏常識、さらに驚くべき業界事情まで聞くことが出来た。

H氏いわく、
「パチンコの大当たりの仕組みは誰だって知っているだろう。スタートチャッカーに入賞するタイミングで大当たり発生する抽選方式。でもそれは表向きの話。実際、その理屈では理解できない疑問点がいくらでもあるだろ?例えば、1/300の大当たり確率の機種ならば、デジタルカウンター、一周期約1〜2秒間に、1/300のタイミングで玉が入賞しなければ大当たりはあり得ない。でも、何故か大当たり前にリーチが集中する。あと、特定の台や、朝一番、夕方特定の時間帯に大当たりが集中したり、逆にどの台も全く出ない時間帯がある。極めつけは、釘の良い台であっても、それが大当たり確率に比例しない。なぜだと思う?」

確かに理論上は、大当たりのタイミングにスタートチャッカーに玉を入賞させるという仕組みで大当たり発生なのだが、実際はそれ以外?で発生する大当たりが多いのが事実。つまり、それはホールによる遠隔操作だらけって事だろうか?

その答えはH氏が話してくれた。

「パチンコの大当たりはホール側で完全に制御されてるの。開店前に『このシマの割り(売上)は20万』と設定したら、閉店後にはキッチリ20万円分、ホール側のプラスの売上になる仕組みなのさ。基本割りは、4〜5台を1ブロックとして管理され、その1ブロック中、爆発台は1台。ブロックの中の1台が爆発するように出ていれば、その他の台は出ても普通絵柄か、確変が出ても続かないようになっている。どのホール関係者からも裏取りしてるけど、店側の遠隔操作が可能と言う訳さ。」

それでは、パチンコで勝つことは不可能なのだろうか?更にH氏を追求すると、

「パチンコには今でもゴトがはびこってる。つまり、内部は単純な構造なのね。あんたらがやっているパチスロの方が全然高度だよ。事実、パチンコにはセット打法、キズ情報というものが多いんだよ。その理由は、通常の大当たりの流れに反し、強制的に大当たりを引き当てようとするポイントが複数存在するから。最近の台の内部確変なんて、各指定ランプを見れば誰だってわかっちゃう。これだけで食ってる連中がいるからね。ボロい話だよ。

さらにプロ連中は、直撃系の『ネタ』と呼ばれる攻略法を使ってる。機種の寿命を考えて、各自持ってるネタを共有して使ってるね。今パチスロは締め付けがキツい一方で、パチンコは実はユルい。海とか仕事人とか、チョロイもんよ。1日10〜20万なんて楽勝。こんなオイシイ市場に手を出さないなんて、どうかと思うね。」


ここまで言われては、誰だって興味を持たざるを得ない。そこで我々は今後、パチンコのネタも視野に入れ、情報を集めることになったのだ。

>> 本物のパチンコ攻略との出会い
パチスロ・パチンコ攻略TOP