本物のパチンコ攻略との出会い


裏業界の大物 真下氏を通じて、警察庁の外郭団体と密接する人物「H氏」を紹介され、そこからこの新規プロジェクトがスタート。H氏は表向きは特殊法人などの外郭団体に籍を置いているようだが、その正体は、裏業界に精通するスペシャリスト。そして、H氏から、独自ルートでパチンコネタを入手し、一般向けにも情報提供している「ある集団」のリーダー格を紹介されたのだ。

彼らはパチンコのみならず、パチスロも取り扱い、特殊なシステムでサイトで情報提供している連中であった。しかし、集団の拡張で組織が複雑になり、自らのシノギ(ネタ)を確保する為の資金が作りが厳しくなって、別攻略組織との統合を希望していたとのこと。そこで、今後パチンコ攻略を視野に入れていた我々に話を持ちかけてきたらしい。

しかし、我々が一番重要視しているのが、どんなネタを使っているかだ。とかくパチンコ攻略といえば、「たった数回転以内に大当り直撃!」などをキャッチコピーに、攻略法を販売している攻略会社が数多く存在する。また、「左スルーに○発玉を通して、その後、保留ランプを○個消化してから、左スルーに○発・・・」というようなネタは、よく目にするオカルトだ。そんなネタを掴まされたら、ホール実践することもなく、数ヵ月後にはシュレッダー行きになるだろう。

いくらH氏から紹介された集団と言えども、出目で大当たりを予測するオカルトネタや、インチキまがいのネタを掴まされる可能性があるなら、実際にこの目で確認するまでは信用する訳にはいかない。

そこで、数日間、彼らの活動(自らのシノギ)にメンバーが密着。ホールで、ネタを使ったシノギを全て見せてもらった。

その結果、彼らがやっているネタは、裏セット、そしてボーナスフラグ直撃系のネタ。実際の手順も、簡単な操作手順(特定ランプの確認、チャンスボタンを回数押し、アースタッチの有無など)だけで大当りが発生する。つまり本物の攻略、そして超極上と呼べるネタだ。しかも昨今のパチンコ機種は、黄金時代のパチスロを思い起こさせる程の連チャン力を持っていて、あっと言う間に数十万という稼ぎが転がり込んで来る。

もしこれを入手できれば、100%毎日数十万を稼ぐ事が可能なはず。しかも、もしこのネタを裏ブローカーなどから買付けしたら、数百万単位の額になるはずだ。ならば話は早い方がいい。大久保と先方の代表者との交渉の結果、先方の希望額で、FEが全てをM&A、つまり吸収合併する事が決まった。

元々パチンコには全く縁がなかった我々パチスロの攻略プロ集団が、即座にその効果を実感させられてしまうだけでなく、実際に稼ぎを上げるという成果まで出してしまう程のパチンコ攻略法を見逃すことなかれ。パチンコも捨てたものではなかったのだ!

>> サイトコンセプト
パチスロ・パチンコ攻略TOP