■爆裂機ピンチ!
爆裂機のあまりのギャンブル性を憂慮した警視庁が、遂に検定取消対象機を近日中に発表するとされているが、対象はアラジンA、サラリーマン金太郎、ミリオンゴット、猛獣王+3機種という話だ。猛獣王取り消しの理由の1つはディップSWによるモーニング機能を搭載しているという点らしい。サミーは近々「猛獣王」受注受付を終了するという。
10月の新台入替機種はゴールドアンドゴールド2002、クラブロデオ、猛獣王増台というホールが多い。しかし、クラブロデオが4機種のうちのもう1機種だという話もある(理由は猛獣王と同じ)。クラブロデオは現在CMを大量放映しているが、果たしてどうなるのか?
これに対し、アルゼ、ミズホ、パチンコチェーンストア協会の三者が9月30日付で共同声明を発表した。声明では「著しく射倖性の高い」又は「適度な射倖性を超える恐れがある」と認められるパチスロ機の排除問題について、3者が相互に協力し解決に向け実効性のある行動をとっていく旨が述べられている。
果たしてこの綱引きの行方は?先行きの見えないパチスロ業界は混沌としてきた。いずれにしても、心おきなく稼げるのは今のうちという事だ。
パチスロ・パチンコ攻略最新情報INDEX