■裏ロムに御注意
県警生活安全企画課と盛岡西暑は、不正に改造したパチスロを店に置いて営業したとして盛岡市青山のパチンコ店「DANK」の経営者2人と、都内の電子部品販売会社社員1人を風営法違反の疑いで逮捕した。調べによると容疑者らは店に設置してあるパチスロ210台のうち209台(※要するにほぼ全台)に県公安委員会の承認を受けずに出玉率を変える裏ロムを取り付けて営業した疑い。県警は今年8月下旬、店への立ち入り検査で裏ロム取り付けの事実をつかみ店長らの関与を捜査していた。都内の電子部品販売会社が裏ロムの仕入れ先だったとみて追及している。裏ロムの台では普通の台ではありえない底なしのハマリと大放出が可能であり、結局お客がカモられるだけ。こんな悪質ホールが現存していますので、充分注意して下さい。
●1つ前の記事へ
パチスロ・パチンコ攻略最新情報INDEX