■アラジン、サラ金は不可欠
先日「サラリーマン金太郎」「アラジンA」の入れ替えが進むであろうというニュースをお伝えしたが、全国のホール動向を見ると、ほとんどのホールが自主回収に応じず、現状維持のまま営業を続けるようだ。特にサミーの設定した自主回収期限10月末日が目前に迫っているにも関わらず、アラジンAの回収を選択するホールはほとんどなく、やはり営業上、看板機を失うということはできないようだ。サミーは自主回収リミットを9月末日に設定していたが、ほとんど応じるホールがないため、10月末日に延期した経緯があったが、延期の効果は全くなかったようだ。結局はS型機の登場を待って入れ替えるということか。まだしばらくはアラジンA、サラリーマン金太郎は安泰のようだ。
●1つ前の記事へ
パチスロ・パチンコ攻略最新情報INDEX